Iphone12 のバッテリー交換した、やっぱりAppleCare+って要らなくない?

ガジェット

Iphone12を使い始めて一年半くらい経った。iphone7plus からIphone12 にしてからバッテリーの持ちがすごく良くなっていのは実感しているがバッテリーの状態で最大容量を確認すると89%になっていたため交換することにした。Apple認定の修理サービスとして、カメラのキタムラでバッテリーを交換したが8,140円しかかからなかった。でやっぱり思ったのが、AppleCare+ってやっぱりそんなに要らなくない??という次第である。

スポンサーリンク

保証対象外でも公式で修理しても8,140円、安い

apple HPより引用:https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service/battery-power

以前書いた記事からAppleCare+にはかなり懐疑的な印象を受けていたためAppleCare+には未加入である。以前はAppleCare+の保証対象の事象について明文化されていないことが不安で加入を見送った。

ということでAppleCare+に加入していないが、Apple認定の修理をしても8,140円でばっちり修理することができた。

新宿の北村写真機がちょうど空いていたので当日に予約して1.5時間ほどでバッテリー交換をすますことができた。

交換後は当然だがばっちり最大容量は100%となっている。

非正規の業者で修理したとしてもiPhone12のような新しめのモデルだと、7,000円~10,000円程度かかるようなので、Apple認定の正規の修理で8,140円とはかなり安いと考えられる。

(もちろん非正規は非正規で1.5時間もかからないなどメリットはあると思うけど…)

でもAppleCare+だとバッテリー交換もサポートしてくれるんじゃないの??

確かにAppleCare+の保証内容にはバッテリーの修理保証が含まれる。しかしAppleCare+の保証を使ってバッテリー交換をするには以下のハードルを達成しないといけない。

・バッテリーの最大容量が80%未満にならないと保証対象外

使い方にもよるが80%未満になるにはかなり使い込まないといけないし、80%代前半になってくると通常の使い方にも支障が出てくる。その不便な状態で使い続けて、いつ80%未満になるのか今か今かと待ち続けないといけない。

AppleCare+ってバッテリー交換をメインに考えるとコスパ悪くない?

で、何が言いたいのかというとAppleCare+をバッテリー交換のために入るべきじゃないということ。

例えばiphone12だと2年間で18,800円の支払いになるけど、2年間でバッテリーの最大容量が80%未満になるというのは相当ハードに使い込まないといけない。普通に使っていればおそらく2年以内でそこまで劣化する可能性は低いと考える。

それだったらAppleCare+に加入しなくて自分みたいに好きなタイミングで8,140円支払って修理したほうが良くない?

AppleCare+に加入しない、またはモバイル保険という選択肢

で結局何が言いたいのかというとAppleCare+はバッテリー交換を目的に考えるとかなりハードルが高いしコスパが高い。

だから加入しないというのも一つの選択肢として考えてほしいというい話。

ただしAppleCare+にはバッテリー交換のほかにも破損や盗難、紛失についてのサポートがある。

破損に対してはガラスフィルムとカバーである程度防いでそこからカバーできない部分はモバイル保険というAppleCare+よりも安い保険でカバーしてもいいのではないだろうかと考える。

タイトルとURLをコピーしました