500X オイル交換を上抜きのポンプでしてみた

FIAT 500X

500Xのオイル交換をしようと思い立ってから色々あり先回しにしていた。で、1年3か月もオイル交換をせずに放置してしまった。

なんてことはないけど、500Xのオイル交換を今回は自分でしてみたが案外めんどくさいなという印象。

ただオイルを上抜きするためのポンプも買ってしまったし、外車のオイル交換って結構お金かかる印象があるから、オイルフィルター交換を伴うオイル交換の時はお店に頼んで、オイル交換だけの時は自分でやりたい。

関連

フィアット 500X 初回ディーラー車検とDIY+民間車検

500Xのドアハンドルカバーが壊れた話

ブロック塀で擦った話

バッテリーをDIYで交換してみた

今回はこれらを使ってオイル交換をする。

オイルチェンジャー

廃油処理BOX 4リットルくらいのサイズなら何でも良さそう

オイルジョッキ サイズは何でも良さそうなので安くて小さい1Lで十分

エンジンオイル 今回もモービルのオイル、もっと安いやつが良いけど前回もこれ入れたし

オイルチェンジャーにはこんな感じの取説が入っている。

駐車場に持っていき準備する。

オイルレベルゲージの見方があんまりわからん。多分だけど先っちょの部分のアミアミにあればいいということなのだろうか…というかそれ以外目印もないのでそんな気がする。どうせ規定量計って今回は入れるんだからもういいや。

レベルゲージの穴にポンプをタンクの底に着くまで突っ込んでやる。あとはひたすらポンプして吸い出してやる。

汚いオイルがどんどん出てきた。結構ポンピングが疲れる。一旦吸い切ったかなと思って、やってみると空気と一緒にチョロチョロ出てくる。自分は適当に満足いくところでやめた。

新しいオイルは100均で買ってきたろうととオイルジョッキをを使って入れていく。すごいきれいだ。次は半年くらいでオイル交換とフィルターも交換してやろうと思う。

ポンプで吸い出したオイルは廃油処理BOXに入れて燃えるごみとして処分する。

オイル交換とは全く関係ないが冷却水が少し減っていたように思えたため、目分量で水で薄めて足していく。ほんとは継ぎ足しじゃなくて入れ替えが良いとは思うんだけど、今日はいいや(毎回そうなんだけど…)

オイル交換はこれで完了して、実際に走って少し経つとなんだか音が静かになった気がする。あくまでも感想ではあるが、1年3か月オイル交換をしていなかったのはまずかったなと反省。

今回オイル交換して思ったのが、

・結構めんどくさい、特にポンピング

・汚れたポンプやオイルジョッキを拭いて保管するのが案外だるい(使っても半年に1回だし)

・上記が全然問題にならない、または安くオイル交換を済ませたいなら全然アリだなと思う

結局オイル交換にガソスタまで持っていってお願いするのもなんだかんだ待ち時間とかもあるしめんどいよねって思うので、自分でやるのもありかなと思った。(というか自分の場合はポンプまで買ったのであと数回はやっておきたい)

ワイパーがそろそろ交換したほうが良さそうなので、これは多分簡単に交換できそうなので今年の秋はワイパーの交換も済ませてしまいたいと思う。

タイトルとURLをコピーしました